2019年2月20日水曜日

2019 東京キモノショーへ向けて

展示会ツアーのど真ん中です。
帰京すると次の準備と共に、 昨秋から進めている「2019東京キモノショー」のための作品作りもしていかなくてはいけません。 上は2018のものです。今年もディープブルーテーマの新作に格闘しておりますので、また五月に発表させていただきます。
 北アルプスです。 今年は雪が少なくてちょっと迫力に欠けますか?

ここしばらくのコーディネートを載せさせていただきます。













一月に何年振りかで風邪をひいて二日ダウンしました。
インフルエンザA型というやつらしく、熱もあまりないのに鼻水、咳とけだるさで一週間以上ぼぉーっとしてました。
極寒ゾーンは抜けたようです。 春はもうそこ。





ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちらお弟子(4月から5年目に突入します)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2019年1月6日日曜日

謹賀新年




2019年、今年もよろしくお願いいたします。
年末年始、山籠りして染めていました。ずっと乾いた晴天続きでしたので、寒さということを除けば誠に極楽、外界から遮断されて静かに過ごせました。

冬場は食料が少なくなるので、窮地に陥ったあいつらは、止むに止まれず「柚子」を食べにきます。普段はソメリエは不在ですので、いつものようにやりたい放題のルーティンなのでしょう。舐めきった行動を見せてくれます。
で、キウイも蕪も大根も根こそぎやってくれてました。

背景の柚子畑は、ここ檜原村でも最大規模のものですが、既に収穫する人はなく、樹のためには良くないのですが、放置するしか無くなってます。
ソメリエもなかなかそこまでは手が出なくて・・・。
この土地を手に入れてから24年になりますが、人口は3000数百人いたのが現在は2000人ちょっと。わたくしに山の開拓を指南してくれた長老の方達は既に全員鬼籍に入られてしまってます。子息たちは山を降りて既に畑も放置されて。

そして野生動物たちの天国と化していくのです。
写真バックの鉄格子は、わたくしが溶接して外側に「返し」を持つ100m以上のイノシシ除けですが、こちらはなんとかなるものの、お猿たちには無力。
子ザルたちはこの上を駆け回っています。

行政もインフラコストを下げるために、麓で生活するように指導してますし、致し方ない事とはいえ日本全国、このような光景がじわじわと増えていくでしょう。
さらに(不用意な言い方は避けたいですが)土地の所有権がいつの間にか、「中国」の人になっているということが起こりつつあります。まだ近隣では聞きませんが。

今年65歳、お国は「年金」というものをくれると言います。
くれるのなら貰っておけという人もいますが、わたくしは「気合い」の点からも、もう10年はいただきたくないです。もっと割増しというのをギャンブル的に大きくしてくれたら面白いのに。

40年以上続けてきた、夜中の「一杯」というのをやめにして3ヶ月が経ちました。
煙草は弟子入りするときにやめてますので、もう健康そのもの。
「賭け」に負けたらお笑いものですね。 自業自得。

作品作り、より進化させていきたく存じます。

年末に二日以上かかってしまう何百枚かの年賀状作りを卒業させてもらって3回目のお正月です。  失礼をさせていただくことを改めてお詫び申し上げますが、もう後戻りはできないなと思います。








2019年初染め。染めたものを160度の高温蒸気で(蒸籠蒸しのように)定着させた後、不要な染料や汚れを落とすために、水洗い(水元と言います)して、以下のように干して乾かします。6月くらいだと心地良い作業も、元旦のこの地ですとホント修行と呼ぶにふさわしい難行苦行です。









2019、初日の入りです。

日が落ちると室内でも零度以下になります。
冷蔵庫の中は4度くらいなので、暖をとりに慌ててその中に逃げ込みます。www




ではまた。
ごきげんよう。


ホームページです。


こちら新人(と言っても4月から5年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2018年11月17日土曜日

2018 初冬

 山の工房はもうストーブなしではいられなくなってきています。
春先、同じような気温の時土筆が顔を出してからはや半年あまり。
本当に季節のサークルゲームは気が早くて。

「いちご白書」(Strawberry statement)という甘酸っぱいタイトルの映画に出てきたこの「サークルゲーム」という曲を高校時代に聞いてから、すでに季節は45回転ほどしてしまってます。あと何回転を味わえるか、ですね。




 豪雨が過ぎ去った後の、アメージングな光景です。
山の激しい自然は、年に何回も心洗われるような姿を私に届けてくれます。
さて、京都丹後にて頑張ってくれている広幅を織る「マイ織機」です。
ようやく稼働しだしました。
来年はもっと頑張ってもらいます。




ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月から3年目に突入しましたが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2018年10月1日月曜日

台風24号

 台風24号が日本国を土足で踏みにじった翌朝、甲斐の国より見た富士山です。
今年の台風一過はすっきりとした青空は一度もなかったのですが、今回はややそれらしきことに。夏の間「山籠り」を何回かしたのですが、やはり安心して青空のもとで、という作業は一度もありませんでした。冬シーズンも含めて「安定」が大変少なくなってます。春らしい春、秋らしい秋がなくていきなり不純な夏、不純な冬という感じです。
太陽活動が低下して「小氷河期」に移行しだしているなんてことも言われてますから・・・。ただ、氷河期なんて言いますが、劇的な変化というのではなくて平均気温の1~4度くらいの低下、という感じらしいですが。

さてソメリエは、着物の世界の「超氷河期」に漂い、秋の展示会ツアーの真っ只中であります。
ここしばらくでお嫁入りしたいくつかを紹介させていただきます。

 辻が花の帯
 ステンドグラスの帯
「オルゴール」小紋 
 トイプードルの帯
 「世界遺産」テーマの帯
 「オルゴール」小紋と細帯
 「クレーの日記」テーマの帯
辻が花 夏帯





ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click

2018年8月15日水曜日

ディープブルー



この春、長年の課題であった「オリジナル広幅生地」による ドレスが形をとることができました。第一号のお客様に着用いただくことができて望外の喜びです。



 こちらは男性用のジャケットとシャツです。
 そして、夢を壊すようで恐縮ですが、檜原村の「山の工房」の雑然とした染めの作業光景です。美しいドレスも、なんとこのような戦場のような有様で生み出されているのでございます。限界集落に残された築110年の廃屋。取り敢えず壁をブチ抜き、 (反物の長さである)13メートルの空間を確保して、仮設的に作業しているのです。
当初、工房に隣接した染め場で薄い色も濃い色も(時間差はありますが)一緒に染めていましたが、他の色はともかく、このブルーだけは始末が悪くて、超微粒子なので染めてからひと月も空間を漂う、なんてことがしばしばあり、その後で染める薄い色の生地に悪影響を及ぼすのです。そのため緊急避難的に、敷地に残されていた廃屋を使いブルーだけここで染めているのです。これだけの空間を確保するのは容易なことではないので、なかなか恒久的なものを作るのをためらっているのですが、只今64歳、(サバ読みまくって)あと20年やるとして、さてどうしよう??      40代では2軒建てたけれど、今その気力がありますやら。
ホントは都内に体育館ほどの工房を持ちたいのですが、諸事情がそれを許しません。
さて、ソメリエはあの世に行く前に野望を叶えることができますでしょうか?




水洗いして外に干している状態。





「東京キモノショー」でお披露目したタペストリーや「染め額」の一部を各地の展示会場で展開させてもらってます。





「サマータイム」なんて言ってますが、バカですね。
大昔からソメリエは「政治生命」をかけて言い放ってますが、9月入学とサマータイムだけはやめといたほうがいい。ドイツでもフランスでも止めようとしている時になんてことを。

昔、スポック博士の子育て、とかで「合理的な」育児とかが言われましたが、その後の研究で、DNAの中で不安因子の強い日本人には、欧米流の個人主義は適さないというようなことがわかってきたと言います。不安だからこそ電車の時間、仕事の時間をはじめ規則を重んじ、正確であることでどうにかこうにかやっていってるのだと。
アナログの時計をいじればよかった時代ならともかく、現代社会のシステムと生身の人間のバラバラ感にこれ以上面倒を持ち込まないでくださいね。
温帯モンスーンのアジア人のメンタリティを考えて。

あと、消費税10パーセントへの道筋として、いきなりのアップは負担だから、毎年1パーセントアップで5年かけてと言った学者がいたけど、ねぇ。
役所から来年10月からの軽減税率がどうたらとかの分厚い書類が届いてました。





さて甲子園劇場はこちらでも。




ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click