2018年8月15日水曜日

ディープブルー



この春、長年の課題であった「オリジナル広幅生地」による ドレスが形をとることができました。第一号のお客様に着用いただくことができて望外の喜びです。



 こちらは男性用のジャケットとシャツです。
 そして、夢を壊すようで恐縮ですが、檜原村の「山の工房」の雑然とした染めの作業光景です。美しいドレスも、なんとこのような戦場のような有様で生み出されているのでございます。限界集落に残された築110年の廃屋。取り敢えず壁をブチ抜き、 (反物の長さである)13メートルの空間を確保して、仮設的に作業しているのです。
当初、工房に隣接した染め場で薄い色も濃い色も(時間差はありますが)一緒に染めていましたが、他の色はともかく、このブルーだけは始末が悪くて、超微粒子なので染めてからひと月も空間を漂う、なんてことがしばしばあり、その後で染める薄い色の生地に悪影響を及ぼすのです。そのため緊急避難的に、敷地に残されていた廃屋を使いブルーだけここで染めているのです。これだけの空間を確保するのは容易なことではないので、なかなか恒久的なものを作るのをためらっているのですが、只今64歳、(サバ読みまくって)あと20年やるとして、さてどうしよう??      40代では2軒建てたけれど、今その気力がありますやら。
ホントは都内に体育館ほどの工房を持ちたいのですが、諸事情がそれを許しません。
さて、ソメリエはあの世に行く前に野望を叶えることができますでしょうか?




水洗いして外に干している状態。





「東京キモノショー」でお披露目したタペストリーや「染め額」の一部を各地の展示会場で展開させてもらってます。





「サマータイム」なんて言ってますが、バカですね。
大昔からソメリエは「政治生命」をかけて言い放ってますが、9月入学とサマータイムだけはやめといたほうがいい。ドイツでもフランスでも止めようとしている時になんてことを。

昔、スポック博士の子育て、とかで「合理的な」育児とかが言われましたが、その後の研究で、DNAの中で不安因子の強い日本人には、欧米流の個人主義は適さないというようなことがわかってきたと言います。不安だからこそ電車の時間、仕事の時間をはじめ規則を重んじ、正確であることでどうにかこうにかやっていってるのだと。
アナログの時計をいじればよかった時代ならともかく、現代社会のシステムと生身の人間のバラバラ感にこれ以上面倒を持ち込まないでくださいね。
温帯モンスーンのアジア人のメンタリティを考えて。

あと、消費税10パーセントへの道筋として、いきなりのアップは負担だから、毎年1パーセントアップで5年かけてと言った学者がいたけど、ねぇ。
役所から来年10月からの軽減税率がどうたらとかの分厚い書類が届いてました。





さて甲子園劇場はこちらでも。




ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click

2018年6月28日木曜日

アートコート 初号


京都丹後でオリジナルの生地を織ってもらうようになってもうじき20年。
60種類以上のジャガード柄を送り出してきました。
そして広幅(100センチ)の同じような「ひと釜」の紋意匠織りを企ててからでもはや10年。
如何にかこうにか織ることができるようになってきました。

念願の、背中が一枚のキャンバスになる(背縫いなしの)アート的なコート。
漸く「藤工房」さんの助けを借りて初号が出来上がりました。
広幅のこういった織り生地は「コンピュータージャガード」と言ってほんのわずかなアーティスト系の人しか手がけておらず、需要供給の仕組みがまだ未開発の分野です。

なんとか還暦過ぎの暴走を加速して「遠くまで行って」みたいと思っています。

本日より地方巡業に参ります。





この春、お嫁入りしたものの中からいくつかご紹介させていただきます。
コートも含めて(自分で言うのはアレですけれど)「ナルセブルー」全開のシーズンでした。

 訪問着「風のガーデン」
 今年から登場した、手描きの染めの小紋、題して「オルゴール」

 鯨の夏帯です。



ちょっとライトに、オーダーのワンちゃん帯です。


ネクストコートをはじめ、宿題が山積みで、暑さに抵抗しつつ何とかやっていきます。
皆様も健康に留意されてお過ごし下さいますことを。





ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click

2018年5月17日木曜日

東京キモノショー2018


東京キモノショー無事終了いたしました。
ご来場誠にありがとうございました。
この度もまたまたお騒がせの、わたくしの作品を中心に写真、アップさせていただきます。鋭い写真は、友人である写真家の遠藤湖舟氏の撮影によるものです。
どこかのどかなショットはiPad。でもなかなかですよね。ソニー製の(多分この手では現在世界最高レベルの)カメラが組み込まれているiPadpro。時は流れ流れてソニーはバイオなどどこへ飛んで行ったのか、今ではAppleの下請け。

ディープブルーの世界として異化効果といいますか、会場の雰囲気を変えてしまっているのではという、若干の心の痛みは感じつつ、この度も、そして機会がありますれば来年以降も持続を考えておりますゆえ、乞うご期待を。

3.11「フクシマ」テーマの染め額は、毎年少しずつでも継続製作して行きたいと思います。
今年の新作は「Muze・KT境界を超えて」と題したものです。










また山の工房に戻りました。
これから湿度の高い季節が続きます。
皆さま、どうか健康に留意されてまたお会いできますことを。







ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click

2018年3月29日木曜日

花想容 個展のご案内

 シルクギャラリーの細帯は1丈1尺(4.1m)以上ありますのでいろいろな締め方をしていただけます。デイープブルーに染めたものは特に大人気。これは「風船結び」という新たな結び方を前結びでやってみたところです。
同じ染めのものは二つとありませんが、それぞれの染め方から選んでいただけます。

東京目白「花想容」の中野光太郎さんとは20年来の公私共の盟友として歩んで来ましたが、この度花想容での初個展を3月30日31日 ,4月1日の三日間開催いたします。
東京でのお店催事はあまりありませんので、よろしかったらお出かけください。
三日間通してお店におります。


 広幅生地を染めている様子。
今年も「東京キモノショー」にて発表させていただきます。


山の工房にも春の気配が。

ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click

2018年2月23日金曜日

ナッシュ均衡



 南極大陸のイギリス基地の乗る巨大氷山が陸地から分離する流れなのだそうです。
この事態は織り込み済みだそうで、巨大なそりの上の基地構造物はズルズルと引っ張って安全地帯へ移動できるように設計されているとのこと。
ただ、現実に動かしたことはないので果たしてどうか、ということなのですが、無事引越し終わったようです。
これは氷なのでありそうなのですが、陸地とて同じこと。

この世に永遠に安定しているものなど、何もないのです。

ちょっと、春を前に「アンニュイ」になってます。

子犬のように尻尾があったらいいな、なんてどこかのセリフ。
小さい花も大きな花も隣り合わせ、それでも花は互いに嫉妬なんてしない。


突然ですが、またもまたも繰り返される、アメリカの銃による悲劇のこと。
秀吉の刀狩り以来、武器を取り上げられて骨抜きになっている私どもからすると、
愚かの極みのようなアチラの世界ですが、全くもってどうしようもないことだという、
身も蓋もない理解をせざるを得ない説明があります。
それがナッシュ均衡という解釈。
例えば、自動車が登場したばかりの社会を考えたとして、左側を走っている車も、右側を通る車もあったとして、事故が起こらないようにだんだんどちらか一方になっていったら、もうその逆を行く車は無くなっていきます。一旦その流れができたらその流れに逆らうことは不可能になるというのです。
つまり開拓時代から(国土が広すぎて)自分の身は自分で守らざるを得なかったアメリカ社会は、「銃を持つ」という選択をせさせるを得ず、一旦それが定着すると、どんなに法律で改正しようとも、その法律を守ろうとする「善良な」人々ほど犠牲になり不利益を被ることになる為、なおさら改善が困難になって行くというもの。

2年前、わたくしは誠に恐縮なれど何十年か続けていた年賀状をやめさせていただいたのですが、こういう慣習も、大多数が行っていると自分がそれをやめるのは気がひけるものですが、無しにする流れが50%を越すと、流れは急速にそちらに傾きます。

しかし銃の場合がとてつもなく困難なのは、たとえ世の大半、9割が放棄したとしても、後の一割の威力は少しも変わらないというところにあるので、なおのこと放棄という選択をしなくなるという点にあります。たとえ銃のない世界の方がモアベターだとアメリカ人が思っていたとしても。

そしてこの恐怖の均衡の行き着く先に「核」があるわけです。
銃にしても、核にしても自らの制御を超えた「道具」を手にしてしまったという人類。









20歳の時からだからもう40年以上のお付き合い、古流家元の大塚栄司氏の作品を見てきました。銀座松屋で古流諸派が一同に会する展覧会。
三途の川をいく舟をイメージしたという作品。
「小劇場」の舞台を一緒に作っていたのが、突如消えて無くなり、陶芸家に弟子入りして、そしてまたその器を使って自らのお花を生けるという道行き。

わたくしもあと最低20年は(嫌がられてもしがみついて)制作していきたいので、
三途への道行き、走っていきましょう。







今年もゴールデンウィークの5月2日水曜日から5月6日日曜日までの5日間、毎度お馴染みの日本橋三井ホールにて「東京キモノショー」が開催されます。
昨年末から取り組んでいる新作の数々、いよいよピッチを上げて制作していかなくては間に合いません。
写真は自家製の特殊な装置で、100センチX800センチのオリジナル生地に色挿ししている光景です。
どうかお楽しみに。


ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちら新人(と言っても4月で4年目に突入しますが)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click