2020年1月22日水曜日

2020 染めのスタート


誠に遅ればせながら2020年もよろしくお願い申し上げます。
年末年始は「山籠り」して「染め締め」「染め始め」を厳かに執り行って、天候に恵まれたこともあって誠に至福の時を過ごしました。
3Gの電波が辛うじて届くので、全く浮世と隔絶しているわけではありませんが、
静かで心落ち着く時間でした。TV波は飛び交っているので、以前使っていたアンドロイド携帯を受像機にして、元日の「天皇杯サッカー」だけ見ました。
Jリーグ当初より熱烈なアントラーズファンなのですが、今年は神戸でいいやと投げやりなのがいけなかったのか、案の定そういう出来レース気味で終始してしまいました。
ヴィッセル神戸は、多少「トウ」が立っているとはいえ、イニエスタ、ポドルフスキー、ビジャら超ワールドクラスの兵器を揃えたのに、ころっと負け続けたり、 やはりもはや現代サッカーは、集団のシステムが最善で機能しないと、勝利は覚束ないというところまで来てしまったのだということでしょうか。

どうしてそうなのかは分かりませんが、成仏させたとばかり思っていたアンドロイドスマホはワンセグTVになりますし、simカードなどなくとも立派にwifiでネットサーフィンできてしまいますし、一体どうしたことでしょうね!!






某デパートを皮切りに、今年も各地で展示会に登場させていただきます。
しかししかし、雲行き妖しく、昨年10月の消費税値上げ、激烈な台風被害以来の沈滞ムードが漂い、大変な一年になると思われます。

ということもあって、12年ぶりにウェブサイトを全面改築いたしました。
そして初めての「ネットショップ」も静々と船出させていきます。

http://silkgallery.org


もうかれこれ30年近く追い続けている「ブルー」の世界より、
「風のガーデン」訪問着です。

ネットでそこそこバズっているようですが、「國學院大学」の成人式の話題。
「神道」のことは色々とありますが、それはこの際置いといて、通過儀礼としてこのような、共同体への帰属意識を持つきっかけとなる儀式というのは、思いの他深い深いものがあるのだと思われます。
「キモノ業界」に身を置くものとして、天に唾するようですが、振袖などを買うというのとは別に、会社、学校、地方行政組織、スポーツクラブ、音楽クラブ、将棋や生け花や釣りやといった趣味の世界などなどの、各々が所属する何らかの「組織」がこのような衣裳を所有し、成人とか結婚の儀式にあたって構成員に貸し出すというのはどうでしょう?
毎年100万人近い18歳がこのような世界を現出するというのは、まさに東洋の神秘。
世界に誇れるような姿では無いかと夢想するのですが・・・・


新年、古い友人が工房を訪ねてきてくれました。
月二で「ジャズピアノ」を習っているそうです。
わたくしも還暦を期して再開した(一応クラシックの分野ですが)ピアノを、
こちらは月一ですが、どうにかこうにかやっております。今まではヘッドフォンを介しての「エレピー」だったのですが、昨年末不思議なご縁があってホントのアップライトピアノを手にすることができました。
なんとかしがみついて、「今度こそ」少しでも形にできたらと思ってます。
ネット上ではこんな「先輩」がゴロゴロいらっしゃってます。


モノを作って皆様を誘惑してお求めいただく身で誠に恐縮ですが、
本当にいいものを手に入れて、あとは何らかの「修行」の日々が楽しいんでは無いかと思います。 そしてそこにはきっと新しいビジネスチャンスがあるはずですし。


年賀状を卒業させていただいて4シーズンになります。
失礼をさせていただいてますがどうかお許しください。



新年早々いつに増しての大風呂敷、大ボラでした。
今年もお付き合いくださいますよう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私成瀬 優は「染め」のソムリエ「ソメリエ」を僭称する染色家です。
2009年6月、東京新宿の高層ビル群の西側の地にアトリエ兼展示スペース「シルクギャラリー新宿工房」をオープンさせました。1995年から自分で作り続けている、東京の西の果て桧原村の工房と合わせフル回転で制作していきます。

染色の世界に踏み込んで40年、仕事のことを中心にアピールしてみたいと思います。
興味を持っていただけた方は下記のHPから連絡いただければ幸いです。




ホームページです。

こちらお弟子(2020年4月で満5年の)のブログです。

旧ホームページです。
http://silkgallery.silk.to





よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2019年8月19日月曜日

2019 夏

 山の工房は夏真っ盛りです。昼間は暑くて外での作業などとても出来ないのですが、陽が陰ると過ごしやすいです。ただし湿度は高くて軽井沢とは違います。





こちらは廃屋を改造した「濃い色専用」の染め場。


こちらは薄い色を染めるうなぎの寝床。


さてさて、猿どもの悪行はとどまるところを知らず、もうついに今年は全てを投げ出そうかと思ったのですが、それでもと思い10mほどの「鶏小屋」みたいなのを作りまして、鳥避けネットを張り巡らしたところ、どうにか無事育っています。
しかし月に一度も訪れられなかったので、ズッキーニ以外は殆ど全滅。
子育てと一緒、手をかけないと駄目ですね。








山での必需品、生命線は「懐中電灯」、もういくつも使ってきましたが、時間がないので畑を深夜いたす、なんてことをする時両手を使えるようにするためにはヘッドランプが便利。
下のはアマゾンなどで溢れている1000円ちょっととかの中国製「パチモン」。
どうしてわたくしは懲りないのか??
今度こそはと恐る恐る購入してしまうのですが、まぁ何とかなるのもないわけではないのですが、これが「肝心な時」に点灯しない!!
 一番下の青い充電電池などが使われているのですが、これが不良だったり発熱したり、しかし一番あるのが、部品間の接触不良、そしてコンデンサーの死亡事故。
LEDライトは10年物とか言いますが、あちら製のは電球というより「回路」が持たないのが多くて、(家電業界で)密かな大問題になっているそう。

ライトは命に関わることもある大事な物。
100%の信頼がないと使ってはいけないのですね。

二番目は正規品、5倍以上の値段ですが、信頼感使用感共に別世界。

反省しなくては。

Wish   とか AliExpressとか とかびっくりワールドは楽しいのだけど・・・





ではまた




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


私成瀬 優は「染め」のソムリエ「ソメリエ」を僭称する染色家です。
2009年6月、東京新宿の高層ビル群の西側の地にアトリエ兼展示スペース「シルクギャラリー新宿工房」をオープンさせました。1995年から自分で作り続けている、東京の西の果て桧原村の工房と合わせフル回転で制作していきます。

染色の世界に踏み込んで40年、仕事のことを中心にアピールしてみたいと思います。
興味を持っていただけた方は下記のHPから連絡いただければ幸いです。




ホームページです。

こちらお弟子(2020年4月で満5年の)のブログです。

旧ホームページです。
http://silkgallery.silk.to





よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2019年6月12日水曜日

東京キモノショー2019

 今年も「東京キモノショー」にお越しいただきありがとうございました。「キモノサローネ」、「わーと日本橋」と名称は変わってきましたが、今回で5回目の参加。このCOREDOの三井ホールで開催されるキモノイベントはこれで最後かもしれません。
来年はいよいよオリンピックですし、会場の都合も難しくなるかもしれませんので。

わたくし染めのソムリエ=「ソメリエ」、この秋で弟子入り40年、独立してからも30年の年月が過ぎ去りました。来月で65歳ということにもなりまして、世間で言いますとそろそろ引退の潮時。  とんでもございません、25歳で脱サラして飛び込んだ「若気の至り」のこの世界。 カタギの皆様とは違い、「元をとる」のにまだまだ時間が必要でございます。
先輩方々も心がけ次第で80代90代で現役の方もいらっしゃいます。
レッドカードならともかく、イエローカードくらいではすっこむつもりもございません。
ミック・ジャガーみたいに73歳で8人目の子供を作るなんて芸当は出来かねるけれど。

ここ三井ホールは天井高7メートル。 このブルーのタペストリーは主力は8~10メートル、かぐや姫が舞うのは15メートル。  横型タイプの「ノアの箱舟」は25メートル。
まずはこれらが躍動できる場所を見つけたく思います。

そして可能な限り山籠りして「新しいこと」を考えていきたいと。

では皆様、しばしのお別れを。
















ホームページです。


こちらお弟子(4月から5年目に突入します)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click


2019年4月24日水曜日

東京キモノショー


真冬の時期に始まった展示会ツアーもようやく一区切り。
季節はいつの間にか、初夏を思わせる日もあるということになっていました。
通常の仕事と、近年の連休中の「東京キモノショー」の為の染めを並行するというのが、超ハードスケジュール。

東京キモノショー
受付でわたしを呼び出していただいても結構です。




ふきのとうに始まり、タラの芽、土筆、筍などもスルー。
畑の仕込みも出来そうにありません。
以前は夜中に(炭鉱夫みたいに)ヘッドランプで照らしながら、なんてこともしていたのですが、様々な作業が押し寄せてきていてそれすら難しくなって・・・。
加えて猿どもの悪さの修繕もしなくてはいけなくなったりして。
動物たちのひどすぎる仕業に、皆生きていく意欲が減退し、放棄してしまうというのもわかります。  一息ついたら、(対策はないのですが)それでももう少しなんとかしようと思います。

冬の間はツラーーい修行だった水洗いも、なんだかルンルンです。
染めた後フィックス処理したのち、余分な染料や汚れを洗い流しているところです。
ソメリエに60数年「染めついた」浮世の毒と言いますか、澱の如きものもついでに洗い流せると良いのですが・・・。
山は常に湿度が高くて、完全な乾燥というのは中々ないのですが、夏場前のこの季節は、いい仕上がりになります。 大気の水分を感じたり微妙な風を体感したり。




鯨の帯がお嫁入りしました。
生地の地紋も、大海原をイメージしたのを作りまして。


長年の友人が北鎌倉にギャラリーを持ちました。
ギャラリーえにし
54人のアーティストが、10cmx10 cmx10 cmに収まる作品をお見せするという展示会を開催します。
大変静かで素敵な空間です。
宜しかったら覗いてみてください。
残念ながら東京キモノショーと重なるのでわたしは三井ホールなのですが。




では三井ホールにてお待ちしております。




ホームページです。



よろしかったら、please click





2019年2月20日水曜日

2019 東京キモノショーへ向けて

展示会ツアーのど真ん中です。
帰京すると次の準備と共に、 昨秋から進めている「2019東京キモノショー」のための作品作りもしていかなくてはいけません。 上は2018のものです。今年もディープブルーテーマの新作に格闘しておりますので、また五月に発表させていただきます。
 北アルプスです。 今年は雪が少なくてちょっと迫力に欠けますか?

ここしばらくのコーディネートを載せさせていただきます。













一月に何年振りかで風邪をひいて二日ダウンしました。
インフルエンザA型というやつらしく、熱もあまりないのに鼻水、咳とけだるさで一週間以上ぼぉーっとしてました。
極寒ゾーンは抜けたようです。 春はもうそこ。





ではまた。
ごきげんよう。



ホームページです。


こちらお弟子(4月から5年目に突入します)のつれづれのお話です。


よろしかったら、please click
にほんブログ村

ついでにこちらも、please click